FAQ02

どのように役立ちますか?

施設の各種情報、保全に関する情報などを蓄積・管理しているため、施設の管理、改廃や改善の方向性の検討や判断等を支援、施設毎の保全計画の立案支援、政策、財政、管財、建築(営繕)、現場の管理、また、施設カルテなどを活用して、議会、住民への説明、まち作りの検討まで幅広く活用できます。
各部署や現場で詳細な情報を入力し、施設の台帳として機能も発揮できます。
点検情報や工事履歴などの情報は、これまで散逸しまとめて確認することが難しかったものですが、それも一元的に管理可能で、点検情報などは、包括管理を行う中で委託業者などと協調しての活用もできます。
蓄積されたデータに関しては、容易に出力することができるため、そのデータを活用して詳細な分析を行うことも可能です。

​■→FAQ目次ページへ戻る