代表挨拶

会社概要

役員構成

主な事業内容

経営理念等

研究活動上の不正行為防止及び対応

​XP FM(CrossPoint FM System)

各種お問合せ

​XP FM デモID発行申請

​FAQ

Copyright © 2017-19 CrossPoint Consulting Co.,Ltd All Rights Reserved.  

業務・事業等

こちらのページでは、クロスポイント・コンサルティング株式会社で取り組みを進めている業務・事業等について紹介します。

 

→施設の管理、公会計の導入などに悩む地方公共団体の方へ

 

地方公共団体向けの業務支援、システムサービスを行います。​公共施設管理、計画立案、公会計導入や関連システム導入について、是非ご相談ください。現在、対応している主な分野は以下のとおりとなります。

 

①公共施設等総合管理計画策定に関わる業務

 

公共施設等総合管理計画は、総務省の通達により、多くの地方公共団体において、策定が終了している状況だと思われます。

しかしながら、行動計画を策定したものの、老朽化が進み、活用の進んでいない多くの施設の存在が明らかになり、実際多くの施設をどのように管理し、運営していけば良いのか、膨大な管理経費をどうやって縮減すれば良いのか、施設の存続と活性化を望む利用者や地元との調整をどうやって行くのかなど、計画の主旨を実現するためには、多くの問題を解決する必要があるはずです。

どこから手をつけるのか、なにから解決していくべきか、なかなか焦点を絞れない、というのが正直なところかもしれません。

クロスポイント・コンサルティングの、自治体の総合的な施設管理に最適化された「XP FM:CrossPoint FM(Facility Management) System」は、総合管理計画が目標とする、「公共施設等の全体を把握し、長期的視点をもって更新・統廃合・長寿命化などを計画的に行うことにより財政負担を軽減・平準化するとともに、その最適配置を実現し、時代に即したまちづくりを実現する」を実現するための、自治体のマネジメント業務を効率的に支援できます。導入自体もコンパクトでわかりやすくすぐに活用できます。

実効的な公共施設総合管理を行いたいと考えられている方々に、是非ご協力できればと思います。

②固定資産台帳整備、公会計導入に関わる業務

施設管理と同様、公共施設の効率的なマネジメントに必要不可欠なものとして、固定資産台帳があります。公会計導入にも不可欠な要素です。この分野に関しても、多くの地方公共団体との業務や、固定資産台帳の整備支援を通じて得たノウハウを活用して、台帳整備の業務を支援いたします。

また、「統一的な基準による地方公会計の整備促進」については、すでに平成26年度に総務省から通知が出ているとおりですが、それによれば、「「統一的な基準による地方公会計マニュアル」において示された、統一的な基準による財務書類の作成手順や資産の評価方法、固定資産台帳の整備手順、連結財務書類の作成手順、事業別・施設別のセグメント分析をはじめとする財務書類の活用方法等を参考にして、統一的な基準による財務書類等を原則として平成27年度から平成29年度までの3年間で全ての地方公共団体において作成し、予算編成等に積極的に活用するよう」求められています。

とはいえ、、公会計に関しての対応は、なかなか難しく、実際には、通知でも指摘されているとおり「ノウハウを修得した職員の育成やICTを活用したシステムの整備が不可欠」であり、総務省も研修などを実施するとしていますが、一朝一夕に実現されるものではありません。

このような状況にお困りの際は、是非私どもにご相談頂ければと思います。すでに自治体での固定資産管理台帳の整備支援や、公会計システムの導入など、特に小規模の自治体への導入支援について、その実情に寄り添った支援ができると思います。

③公共施設管理、公会計システム構築、提供

公共施設管理システムについては、「XP FM:CrossPoint FM(Facility Management) System」をベースにしたシステム構築の支援を行います。公会計システム、固定資産管理台帳整備などについては、各自治体の状況に合わせ、適切なシステム構築の支援を行います。さらに、そういったシステム導入に関わる要件整理やコンサルティングについてもご支援できます。

 

→対処療法ではない本来の業務改善を目指す方へ

管理会計を適用した業務改善支援、関連する調査、分析などについて、お手伝いします。

 

・管理会計を適用した業務改善支援

問題が発生したらその対処を行う、当たり前の対応ではありますが、それでは、問題が発生する構造そのものを改善することはできません。問題が発生する根本的な要因の一つ、業務のやり方そのものを問題が発生しないやり方に変えていくことこそ、本当にやらなければならないことであるといえます。

業務の改善も、闇雲に行っては効率的とはいえません。その際に力を発揮するのが「管理会計」であり、実際の経営の方針、業績の測定や評価などをロジカルに行うことのできるものであるといえます。具体的な事業計画やさらに中長期の計画などを策定するためにも、それに必要な会計情報を把捉し、分析していくことが重要です。

クロスポイント・コンサルティングは、これまで行ってきた各種のコンサルティング、システムの導入などを通じて、甲①t亜業務改善へつなげている経験を持っています。

ICTの適切な活用は、業務改善には欠かせない要素です。マネジメントとシステムに関わる豊富な経験が必要とされます。

根拠を持って、効率的な業務改善を行いたいと考えられている方に、私たちのご支援がお役に立てると考えています。

 

→各種のシステム構築、導入のための支援が必要な方へ

業務系のシステム構築、ビッグデータを取り扱う各種のシステムやその設計、処理の支援、クラウドベースのシステムの設計から構築までお手伝いします。

 

①業務系システム設計、開発、構築支援

 

 

各種の業務システムを導入したい、更新したいなどと行った場合に難しいのが、自分たちがどのようなシステムがほしいのか、どういった業務をシステムに行わせたいのかを機能要件としてまとめ、要求仕様を作成することではないでしょうか?

要求仕様がうまく作成できないといって、曖昧な形で提案型、いわゆるプロポーザルを行っても、評価基準が明確にならないため、良いシステムを導入することは期待できません。

また、開発、構築についても、スムーズに進めるためには、多くの経験やノウハウが必要です。

これまで、数々の自治体との作業を通じ、各種の業務系システムの設計や開発、構築支援などについて、協働作業により目的の達成をご支援します。

②クラウドシステム設計、開発、構築支援

 

 

これまで、システムについては自身で所有して構築、運用をおこなう(オンプレミス)ことが主流でしたが、十分なセキュリティの確保された環境であれば、クラウドでの構築が、環境や経費など様々な面で有利な場合も多くなってきました。

クラウドでの設計、開発等については、システム自体を所有している場合とはまたことなる経験が必要となります。

そのようなことについても、経験豊富なスタッフが設計から構築までをサポートします。

③ビッグデータ設計・構築、処理支援

 

昨今、多様な分野で活用され始めたビッグデータ。以前はコンピュータの能力が低く、とうてい処理、分析ができなかった莫大なデータの塊です。このビッグデータについて、地方公共団体をはじめとして各旬も企業、団体は、実は多くのものを持っているともいえ、それらを適切に蓄積し、活用していくことは、様々な分野に貢献できる可能性があります。

ただ、このビッグデータも、闇雲に蓄積、分析するのでは、適切な結果を得ることができません。それには、適切なデータ構造の設計から始まり、、データベースの構築、処理の仕組みなどを考える必要があります。

​そのような膨大なデータの処理をお考えの方々に、私達の経験豊かなスタッフがご協力します。